検索
  • INFO WO

婚活あれこれ①

知っている人は知っている、婚活あれこれをお伝えします。

一般的な婚活手段としては、以下のようなものが挙げられます。結婚を目指した活動として、具体的に時間を費用を必要とする取り組みをまとめました。ご参照下さい。



①婚活アプリ

お手軽に取り組めるということで利用者数は爆発的に多く、その数は1000万人とも1500万人とも言われている。特に女性は会費無料など低コストでできるため、費用面でもかなりメリットがある。

 

逆にデメリットとしては、多種多様な目的で利用している人がいて、婚活目的以外の人も多い。注意すべきは既婚者の存在や詐欺、出会い系サイトのような利用方法をしている人が紛れ込んでいるということ。そういう意味では見極めが大切。



②街コン

こちらはアクティブに取り組む婚活としては初期に取り組む人が多い。居酒屋などを貸し切って、20人~30人ほどの男女がお酒を飲んだりお食事をしながらお話をするというスタイル。途中20分前後で席替えがあり、ある程度の数の異性とお話ができ、席替え前には事前アナウンスがあり、その際に連絡先を交換できる。費用はまちまちだが、大体男性6000円前後、女性3000円弱。


メリットとしては、沢山の異性と出会え、かなりの確率で連絡先を交換できる。自然な出会いに近く、恋愛感覚を味わえる。デメリットとしては、単純に足を運ぶのが面倒くさいと感じる人も多い。当日半ば強引に連絡先を交換した場合、その後の連絡が続かなかったり、実際に後日お食事などに行ってもその先につながらなかったりで、出逢ったその場の熱量を維持するのが難しい。また、何度も街コンに参加して、以前参加した街コンで出会った人とばったり会うことがある。








最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す