検索
  • INFO WO

女性目線で相手を見定める

立ち居振る舞いで、その人の人格まで見定められてしまう時があります。人の第一印象はわずか7秒で決まると言われています。そのうち60%は外見や仕草で決まります。



この点は最大限の注意が必要です。見た目を整える努力が必要です。一般的には、清潔感が大切と言われていますが、これは身なり等を整えるという事です。



生理的に合うかどうかという点でもチェックポイントになりますから、工夫をすれば好印象を与えることができます。



これは基本であり、意識すべきポイントです。



また、交際の際のお店のコーディネートや、実際食事をした時のマナーなど、意識が低いために不十分な人もいます。 



直すように伝えたくても、関係が薄いためになかなか言い出せないということもあるでしょう。



お店選びについては、周りの助言で改善することは可能ですが、食事のマナーはなかなか本人は気づきません。



ここをしばらく我慢するか、諦めるか。仮に交際が続いていって、お互いが自分の意見を言えるような関係になったら、直して欲しいと伝えることもできるでしょう。そこまで我慢ができるかどうかです。



完璧な人はいません。しかし、今後生活を共にする人に直して欲しいところがあるなら、目をつぶるか直して欲しいと伝えるか。どちらかの覚悟が必要です。



相手を何処まで受け入れられるか、またどれだけ努力できるか、婚活は双方の歩み寄りで成立します。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す