検索
  • INFO WO

初デート(女性編)

初デートの際に注意すべきポイントがいくつかあります。最初の印象を崩さないように気を付けましょう。いきなり美容院でヘアスタイルを変えるなどは控えた方がいいでしょう。



また、服装に関しては地味な色合いの服や、スカートではなくパンツスタイルというのも避けた方がいいでしょう。男性はやはり女性らしさを求める傾向にあります。



最初のデートはお茶もしくはランチデートが良いでしょう。理由としては、最初の出会いではわからなかった相手の情報や、人柄などを知るために、会話にある程度集中できる環境だからです。



もし、夜のお食事でのデートであれば、会話に集中するためにお酒は1杯だけとか、決めておいた方がいいでしょう。お酒が大好きな人であれば、飲まずにはいられないかも知れませんが、それは徐々に出していくことです。



理想は楽しく会話ができる程度の量に留めておくことですが、初デートは慎重に。何か言い訳を作ってごまかすなどが良いでしょう。



また、次のデートにつなげるために、布石を打つという方法もあります。会話の中で、自分が行きたい場所や見たい物など、興味のあることを伝えておいて、自己PRをしておくことです。そして相手も関心を示したら、具体的な日にちを伝えて次のデートの約束をとりつけるのもいいでしょう。



逆に、会話の中で、友達とどこか行くとか、家族でどこか行くかなどをアピールされても男性側は反応することができません。あまり意味のない話題でしょう。それよりは行きたい・興味がある、という話の方がよっぽど可能性が広がります。




最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す