検索
  • INFO WO

初デートではこんな事を心がけたいです①

お見合い後の初デートには幾つかポイントがあります。まず、大前提として、お見合いから1週間以内に会う事。相手の顔、雰囲気、話の内容などが時間の経過とともに薄れる事があります。もちろん相手の都合もある事ですが、自分の予定はちゃんと空けて、デートを入れやすいようにしましょう。

お見合いでの話の内容を忘れないように、お見合い後にメモなどで情報を残しておくのも手です。

 

そして、いよいよデートとなれば、まずはランチ、もしくはディナー。最初のデートで緊張してしまう事もあるでしょうから、あまり長い時間を取らず、1時間半~2時間くらいの長さが良いと思われます。

お店は男性側から提案してくるでしょう。お店の雰囲気や料理など、素敵なものに対しては素直に口に出して感謝の意を示しましょう。美味しい?などと聞かれたら明るく美味しいと答えましょう。

そして、デートのメインは会話です。お見合いでもコミュニケーションを取ってはいますが、お互い緊張して腹の探り合いと言った感じだったと思います。いざ交際が始まり最初のデートをするということは、少し距離が縮まって親近感も湧いてきているでしょう。会話を楽しみながらも、相手に興味を持って色々な情報を収集しましょう。この情報収集が後々の有効な手立てとなります。

その時の会話ですが、まだまだ緊張が残っていたり、会話に苦手意識を持っている方もおられるでしょう。そういう時は上手に話せなくても、一生懸命会話しようとすれば、その誠意は伝わります。相手は上手な会話を求めているのではありません。気持ちのこもった言葉に人柄の良さや親近感を抱くのです。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す