検索
  • INFO WO

初めてのお見合い

彼女は初めてのお見合いにのぞみました。金曜の夜ということで仕事を終えてからのお見合いです。お見合いは、関西では仲人の立会いやお引き合わせはしないことの方が多いのですが、彼女にとって初めてのお見合いということもあり、お引き合わせだけすることに。


マナーとしては、10分前には待ち合わせ場所に行くことになっているのですが、会社で急に会議が入ったと連絡があり、到着が集合時間ぴったりくらいになるとのことでした。これは参ったと思いながらも、今回はお引き合わせのため僕も会場近くにいるので、もし遅刻することがあれば直接相手の男性会員様に謝ろうと思いました。


そしてちょうど待ち合わせの時間にLINEが届きました。「今着きました」とのこと。無事彼女を見つけ、相手の男性会員様とお顔合わせができ、お引き合わせの役割を果たすことができました。


もし、僕かお引き合わせに行かず、彼女と連絡を取るだけの環境にいたら、ぎりぎり到着という情報のみでテンパっていたかも知れません。


役目を果たした僕は、帰りに会場のホテルグランヴィア大阪の19階ラウンジ(今回のお見合いは1階にあるラウンジ)を見に行き、夜の時間帯はかなり空いていることがわかりました。


これまでグランヴィア大阪のラウンジは予約が取れなかったのですが、10月からリニューアルして予約が取れるようになるそうで、貴重な情報を入手することができました。


で、お見合い結果ですが、彼女としては次回お会いしたいということで、交際希望が出ました。お相手の男性会員様のご意向を聞いて、同じく面談希望であれば交際成立です。果たして、彼女は最初のお見合いで最初の交際成立となるか、また次のブログでお伝えしたいと思います。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す