検索
  • INFO WO

出逢いの場

歳を重ねていくにつれ、出逢いの場は減っていきます。しかしながら、日頃の忙しさに流されるのではなく、出逢いの場を作る・参加することをしなければ現状はなかなか変わりません。



ブログでも何度も触れているように、世の中にある婚活サービスにエントリーすることは出逢いのチャンスを広げます。ですが、実際に足を運ぶことに躊躇する人も多いです。



ですから、マッチングアプリというのは非常に手軽で取り組みやすい婚活と言えます。



当たり前ですが、出かける必要はありません。合間にスマホでサクサク進めるだけ。現在、マッチングアプリの使用人数は1500万人とも言われています。



マッチングアプリは女性が無料で活動できる場合が多く、手っ取り早い。しかも、どちらかと言えば男性より女性の方が優位なシステムになっています。



では、デメリットは何かというと、その手軽さゆえにハマってしまい、活動に満足してしまうということです。



ゲーム感覚でやり取りをし、実際デートを重ねて、恋人関係になって。これは理想のパターンです。ですが、中には既婚者や二股、詐欺まがいの会員もいると言われています。



また、アプリをしているうちに、いつの間にか年齢を重ねてしまうというケースもあります。ですから、アプリから始めて、他の婚活サービスを早い段階から利用するのが得策かと思われます。結局はアプリ以外の婚活サービスも取り組むなら、早い方が良いということです。



もちろん婚活サービス以外の出逢いの場もあります。また別の機会にご紹介します。




最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す