検索
  • INFO WO

出会ったご縁を大切に

婚活をしていく際、相手に求める条件があると思います。例えば女性側から見て、年収や身長、外見など。しかし、全てが100点の完璧な人と巡り合うことは少ないです。そして、巡り合ったとしても、そういったいわゆるハイスペックな人はライバルが沢山いるので、競争率は激しいでしょう。



一方で、男性からお見合い申し込みがあるとして、自分の好みかどうかだけで良い悪いを判断してしまうのは、可能性を狭めることになります。プロフィールを見ただけでは相手がどんな人かは判断できません。せっかくお相手が興味を示してくれたわけですから、辛口査定をするのではなく、とりあえず会ってみようかなという楽観的な考え方も良いと思います。



お見合いをした後、次に交際に進むかどうか迷うこともあるかと思いますが、いわゆる生理的に合わない人でなければ、交際に進むのも良いかと思います。



もちろん、生理的とい言葉の意味には、お相手の外見やしぐさ、話し方などの細かい情報が入ってくると思いますが、あまり細かいことに目を向けるのではなく、全体的な印象で決めるというのも手です。



せっかくお見合いをしたわけですから、何かのご縁とも考えられるでしょう。



人の印象は最初に会った数秒で決まると言われています。しかし、それを裏返せば、時間をかければ相手の印象も変わるということです。1時間ほどのお見合いは相手のことを知るには短いです。もう少し時間をかけて、お相手に興味を持つために、減点法ではなく、加点法で見てみてはどうでしょうか。





最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す