検索
  • INFO WO

共通点が少なくても

お相手の方の趣味だとか、出身、好きなテレビや映画などが同じだったら、思わずテンションも上がってしまうでしょう。もちろんそういった共通点があれば、話も盛り上がるのでしょうが、逆に共通点が少なかった時にどうするかというのも大切です。



以前にも書きましたが、相違点があったら、それはそれで発見なのです。自分と違う趣味・嗜好、知らない世界、未知の経験を、教えてもらうことも大切なのです。自分が相手に興味関心を持てば、もっと知りたくなるでしょう。



これが例えば3人以上の複数人数の話題であれば、知らない話に乗っかれないかも知れませんが、1対1の婚活であれば、相手の話をしっかり聞き、質問ができ、自分の感想を伝えることができるのです。共通点がないときは、相違点の発見。つまり、お話をすれば何かしら相手のことを知ることができるのです。



当然これはお互いが話をしようと前向きな姿勢が必要です。しかし、時には相手の反応が薄いときもあるでしょう。相手が緊張していたり、もしかしたら人見知りなのかもしれません。盛り上がらないこともあるでしょう。



相手への興味を今一度意識して、相手のプロフィールを思い出して、質問してみましょう。もし、どうにも話が盛り上がらずお手上げ状態になったら、それはそれで仕方ないでしょう。そこからは、人とコミュニケーションする練習と思って、頭を切り替えましょう。実戦練習です。





最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す