検索
  • INFO WO

何故3ヶ月なのか

IBJのルールとして、仮交際は2ヶ月前後、真剣交際は1ヶ月前後。計3ヶ月で成婚(プロポーズ成立)を目指します。



これを周りの人に言うと、大体は「早い」「短すぎる」という反応が返ってきます。では、何故3ヶ月という比較的短期間で成婚を目指すか。それは、時間というものがとても大切なものだからです。



おそらく、結婚を前提に婚活をしていく中では、お金より時間の方が価値が上でないでしょうか。例えば仮交際を半年間、一年間と続けていくとします。その後成婚へと至れば素晴らしい結果といえますが、逆に破断になってしまった場合、どうでしょうか。



半年、一年という貴重な時間を棒に振ってしまう。大切な時間を失ってしまいます。ですから、時間を大切にするために短期間で勝負に出る。もし交際終了になれば即次のお相手とコンタクトを取る。



そういった点からも、一回一回のデートが大切になってきます。1週間に最低1回はデートを入れて、密なコミュニケーションを図る。毎日LINEなどで連絡を取る。短期間でも工夫して沢山会う。そうしながら、自分との相性を測っていく。



相手に対する条件の設定から始まり、お見合いを経て相性を確認していく。短期間で濃密な時間を過ごす。そう考えると、3ヶ月というのが本当に短い期間でしょうか。


最新記事

すべて表示

「言葉」にしなければ自分の考えは何も伝える事はできません。 「黙っていても以心伝心で伝わるものだ」と思う人もいるかもしれませんが、そこに「分かってもらえて当然」という思い込みがあるかも知れません。 態度で示すという方法もあります。 言葉にする必要の無い事もあるでしょう。 しかし、言葉にする事でしか伝えられない事の方がよっぽど多いのが現実です。 「自分の気持ちを率直に表現する」という意味で自分の意志

人間としての魅力を持っている人は、同性にも異性にも好かれます。 魅力的な人と思われる要素としては、周りに感謝する、相手の良い所を見つける、笑顔が素敵、謙虚、人によって態度を変えない、聞き上手などがあげられます。 周りに感謝ができる人は素敵な人と思われます。 「ありがとう」という言葉を積極的に使うことで、言われた人はもちろん、言った人も幸せな気持ちになることができます。 人間の魅力は、幸せを感じた時

人柄とは、その人に備わっている性質や品格の事を言います。 そして、人柄が良いという言葉には、人間性に優れていて優しいという意味が込められています。 他人の気持ちを理解したり、寄り添ったりする気持ちの温かさがあるため、相手の心を開かせ、共感し合う関係を築きます。 人柄が良い人は、素直で粘り強く、自分がどんな性格かを理解し、他人の気持ちを理解して寄り添う事ができ、信用されるといった特徴があります。 人