検索
  • INFO WO

何故3ヶ月なのか

IBJのルールとして、仮交際は2ヶ月前後、真剣交際は1ヶ月前後。計3ヶ月で成婚(プロポーズ成立)を目指します。



これを周りの人に言うと、大体は「早い」「短すぎる」という反応が返ってきます。では、何故3ヶ月という比較的短期間で成婚を目指すか。それは、時間というものがとても大切なものだからです。



おそらく、結婚を前提に婚活をしていく中では、お金より時間の方が価値が上でないでしょうか。例えば仮交際を半年間、一年間と続けていくとします。その後成婚へと至れば素晴らしい結果といえますが、逆に破断になってしまった場合、どうでしょうか。



半年、一年という貴重な時間を棒に振ってしまう。大切な時間を失ってしまいます。ですから、時間を大切にするために短期間で勝負に出る。もし交際終了になれば即次のお相手とコンタクトを取る。



そういった点からも、一回一回のデートが大切になってきます。1週間に最低1回はデートを入れて、密なコミュニケーションを図る。毎日LINEなどで連絡を取る。短期間でも工夫して沢山会う。そうしながら、自分との相性を測っていく。



相手に対する条件の設定から始まり、お見合いを経て相性を確認していく。短期間で濃密な時間を過ごす。そう考えると、3ヶ月というのが本当に短い期間でしょうか。


最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す