検索
  • INFO WO

何が得意で何が不得意か

婚活をする上で、自分の得意不得意を自覚する事は大切です。仮に、お見合いのお申込みをする時も、自分にはどういうアピールポイントがあるかを理解しているかどうかで、申し込む相手も変わってきます。自分の武器を探すのです。そして、自分の弱点を知ることも大切です。

もちろん、苦手な事を直すのは時間と労力がかかる事もありますが、得意な事を際立たせ、不得意な事を最小限に食い止める事ができれば、より幅広くお相手探しができるでしょう。苦手克服は単に改善を目的とするだけではなく、結果的に自信がつくという効果もあります。

例えば、男性でファッションセンスに自信がなければ、シンプルな着こなしで及第点を得られます。お店のマネキンを参考に、極端な例としてはマネキンの服を買い占める。ファストファッションでも十分です。柄物の方が着こなしが難しいので、モノトーンなどで問題ありません。

さらにオシャレを意識したいなら、スタイリストのいるお店でコーディネートをお願いするという方法もありますが、これは結構な値段がします。オーダーメイドでコーディネートするため、かなり相場は高く設定されています。これは男女とも同様です。

自分の周りでおしゃれだと感じる人と一緒に買い物に行くのも良いかも知れません。もしその時に選べなくても、後日自分で買いに行ってい決めればいいでしょう。

他には、ココナラなどを利用するという方法もあります。あとはネット、YouTubeなどを参考にするなど。

体型にコンプレックスを感じている人もいるでしょう。男女とも、結婚相談所のプロフィールでは体重を載せる必要があり、また写真である程度のふくよかさが分かってしまいます。本気で痩せたいと思うなら、それなりの方法はあるでしょう。一日でも早く体重コントロールに取り組むことをおススメします。

自分の良さは何か、足りない事は何か。更なる成長は見込めるのか。求めるばかりではなく、自分を理解する事が第一歩です。




最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す