検索
  • INFO WO

何があっても前向きに捉える

正直しんどい時や辛いときがある。それを何かのせいにしていても何も解決しないし精神衛生上良くない。

もちろん言い訳や何かのせいにして気持ちが整理できることもある。今ならコロナのせいで状況が良くないという事にもできる。確かに表向きはコロナのせいにしてもいいが、何か打開策はないか、環境に適応できないか、何か上手くできないかを考えておくべきだ。

外的要因のせいにすれば、思考が停止する。何もしないでずるずると悪い方向へ流されていく。そして何もしない無力感でメンタルも落ちる。

何とかやり繰りして、失敗覚悟で手を尽くす。逆風に逆らったり上手くかわしたりしながら前に進んで行く。

失敗したって良い。やるべきことをやったのなら後悔はない。後悔するのは、やりたくてもやれない事にしがみついてしまって、何も結果が生まれなかった時。いつだってベストを尽くせば後悔は生まれない。

ツイてなかったと嘆くのは仕方ない。その時どんな思考・行動がとれるかが大切。「チーズはどこへ消えたか」という本にあるように、いつまでもチーズが無くなった原因を考えたり悔んだりしていないで、次のチーズを探しに出かける事。

今、どこに新たなチーズがあるか探そう。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す