検索
  • INFO WO

会話が盛り上がらないと困ってしまう

婚活をしていく上で、コミュニケーションとしては、LINE・メール等のテキストのやり取り、電話、Zoom等のビデオ通話、対面での会話等がありますが、やり取りが盛り上がらないという時もあるでしょう。

そういう時心がけたいのは、相手に興味を持つという事です。相手の事、仕事の事、趣味などを確認しようとして、一問一答で聞いてしまう時があります。これはどちらかというと男性に多い現象です。

初対面となる場合、例えばお見合いであれば、プロフィールは事前に情報として確認できます。その上で当日のお見合いをする訳ですから、その内容をもっと知ろうとしなければいけません。一問一答の質問は、圧迫感があり、答える方もストレスを感じます。何か一つ質問をしたら、それを深堀りしてネタを引き出すようにしないと、話が続きません。

この、話が続かない状態で見られるのが、自分の事を一方的に話す事です。仕事や好きな事について延々と話す。聞いている方は段々興味を無くすどころか苦痛に感じてしまいます。あいづちしかできず、楽しくない会話が続きます。そして、後からお断りが入った時、一方的に話した方が盛り上がったはずなのになぜだろうと不思議に思うのです。つまり、会話にキャッチボールを意識できていない。

お互いが興味を持って質問をして、その回答にどう思ったかを伝える。そうやって双方向の会話を心がけたいところです。婚活を始めて不慣れな人は、あらかじめ相手のプロフィールを元に質問を考え、またどんな人か知りたいという意欲を持って、初めてのお相手と会いましょう。

どんな相手でも、自分のコミュニケーション能力を高める実践練習と思って、双方向の会話を意識すれば、着実にコミュニケーションのスキルアップが見込めるでしょう。






最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す