検索
  • INFO WO

会って対象外と思われる男性像

あくまで行動や見た目についての話であり、人間性や考え方などについては、また別で触れたいと思います。



女性から見て、相手に幻滅する要素というのは幾つかあるかと思います。ここで気を付けたい事は、割とよくある話という事です。男性はこれらの事を極力改善するようにして、マイナスポイントを減らす。



女性から見ればこれらのうち、目をつぶる事ができないか、ある程度の間柄になって相手に直すように働きかける事ができないか。そういう事も意識しながら読んで頂けたらと思います。


清潔感。結婚相談所でも耳が痛いほどその重要性を伝えていますが、全ての要素をクリアできていない事もあるでしょう。これに関しては第一印象なので、なかなか覆らないかも知れませんが、意識すれば直せること。女性からの一言でも改善できるでしょう。

食事代等の支払い。ご馳走するのかある程度双方がお金を出すのか。よく言われるのが、最初は男性が奢らなければ恰好悪いという話。確かにそう思う女性もおられますから、男性は認識する必要はあります。逆に女性側が、最初から奢られなくても構わないという姿勢でいる事は、他の女性と差別化にもなるかも知れません。

太っている男性。年齢を重ねると代謝も悪くなりますから実際にお腹がへっこむほどダイエットするのはかなり難しいのです。日頃の仕事の忙しさとストレスとで、脂っこい物やカロリーの高い物を取りがちな人も多いです。ただ、痩せる事もファッションと言えます。

服装。改善して欲しいと思っても、なかなか伝わりにくいでしょう。一緒にお買い物に行くなどして矯正していくことも方法です。服装はアプローチ次第で自分好みに改造する事が可能です。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す