検索
  • INFO WO

仲人がいること

結婚相談所には、仲人型とマッチング型とがあります。いわゆる大手の結婚相談所というのはマッチング型と言われ、基本的にデータマッチングを行った後は、個人の活動になり、結婚を前提にお付き合いをすると決めた時点で成婚退会となります。



一方で仲人型の結婚相談所(当相談所もこれに該当)は、仲人は基本的に少人数制でマンツーマンで担当します。そして両家への挨拶を済ませプロポーズが成功したらご成婚となります。つまり結婚が決まるでサポートを行うのが少人数制の仲人型の結婚相談所なのです。



では、仲人は何をするのか。実際は細かいサポートがありますが大まかに言うと、プロフィール作成サポート、お見合いのセッティング、交際サポート、プロポーズの段取りなどがあげられます。



基本的に定期面談を対面もしくはオンラインで行い、また、日々の婚活の状況については電話やLINEなどでやり取りをしながら、情報に基づいてアドバイスを行います。



ここでポイントになるのは、異性と上手く付き合えない会員さんに対しては、出会いの場の提供だけでは不十分で、仲人のアドバイスが重要になってくるということです。お相手と交際を始める際に、会員さんやお相手に合わせたアドバイスが必要になってきます。



例えば、恋愛下手でどんな話をしたらいいのかわからない人がいれば、逐一会話の内容を仲人に伝え、会話の方法を細かく教えます。



そうして、仲人は会員さんに対し親身にサポートし応援いたします。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す