検索
  • INFO WO

今の生活に慣れてしまって

学生時代であればサークル、社会人になってからは職場。異性と同じ時間を共有する環境があれば、出逢いも期待できました。しかし、サークルに入っていなかったり、同性ばかりのサークルであればそもそも出逢いはありませんし、会社も異性がいなければ出逢い様がありません。



月日というものはあっという間に過ぎます。気が付けば20代も中盤に差し掛かります。その頃には友人も結婚しだして、次第に焦りも出てきます。結婚式で出逢いがあればなどと期待しても、そうそう良い話はありません。



そうして周りの友達が一人また一人と結婚していき、自分としても焦りを感じます。手っ取り早い出逢いの手段としてアプリを使ってみるものの、デートを数回して終わってしまうなど長続きしません。



20代や30代に、大恋愛をされた方もいるでしょう。結婚間近までいった人もいるでしょう。そういった経験は、後々の恋愛に対する姿勢に影響してきます。



自分は一度結婚間近までいった、いわゆる大恋愛が、次の恋愛に進むのを阻むことがあるのです。幾つかの出逢いはあったとしても、以前の相手以上の人となかなか巡り合えないという失望で、徐々に婚活から遠のいてしまう。



仕事も忙しく、金銭面でも生活に不自由がない、グルメや旅行、女子会など、プライベートも楽しいとなると、わざわざパートナーを見つける必要性を感じなくなります。



このように今の生活に慣れてしまって、結婚願望があまりない方々もおられます。自分はどこにあてはなるか。自分は将来どうなりたいか。改めて考えてみるのもいいでしょう。







最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す