検索
  • INFO WO

今どきの婚活事情

様々な婚活がある中で、現在のコロナの影響を受け、従来型の婚活が変化しつつあります。



まず、街コン。これは大人数での食事(お酒あり)になり、大人数での飲み会の自粛要請が出ている自治体では行われておりません。



次に、お見合いパーティー。個室タイプのものは三密を避けてマスクも着用しているため、実施可能です。集団で行われるものに関しては、三密を避けるため、参加者同士の距離を取り、マスクをつけて実施されています。



この、お見合いパーティについては、飲み物を飲まない限り基本的にマスクは取らないので、マッチングをして後日会う時に、マスクを外したら印象が全然違うということもあります。マスク着用のマイナス面と言えるかも知れません。



また、オンライン婚活というものもあります。これはzoomなどを使い、小さい部屋に分かれて1対1でお話をして、チャット機能を使って連絡先交換をするというものです。今どきの婚活と言えるでしょう。



そして、結婚相談所。お見合いは外出自粛がなければ、三密を避けた形での対面のお見合いは可能です。その際、当人同士の希望で、マスクを着けるか着けないかを決めます。



一方で当人同士が希望すれば、「オンラインお見合い」というものを実施することができます。名前の通り、zoomなどを使って、画面越しにお話しをします。



この、オンラインお見合いは、従来のお見合いよりも交際に発展する確率が高いと言われています。理由として考えられるのは、画面を通してだと伝わらないことを確認する意味合いもあるのではないかということです。


また、「オンライン交際」というものもあります。これはオンラインで交際を続けていくというもので、この、コロナの状況ならではのやり取りになっています。



こうして、従来とは形を変化させた婚活が行われています。その流れに逆らうか乗っかるか。婚活を上手に行うためにも、それぞれの特徴を研究するのも良いでしょう。


最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す