検索
  • INFO WO

人生の区切り

あくまで結婚をしたいとお考えの方に対してですが、結婚相談所を経験することをお勧めします。だらだらと続けなくてもいいのです。例えば1年間、集中して取り組む。



どうして集中という言葉を使うかと言うと、お見合い申し込みをするという最初のアクションを集中して行わなければ、お見合いへと続かず、交際へと発展しません。



忙しさに流されて、なかなか取り組めないという姿勢ではいけません。何よりも優先して1年間は婚相談所の活動に取り組むのです。



忙しくても時間を作ってデートに行く。デートも毎週行くくらいでないと関係が途絶えてしまいます。皆働いています。暇な人はいません。それでも時間を作り出すのです。



そして、結婚出来れば何より。もし、上手くいかなかったとしても、1年間集中して取り組んだという事実は、人生に刻まれます。自分の行動に納得できるでしょう。



一番良くないのは、迷った挙句に行動しない、中途半端な状態です。するならする。しないならしない。判断つかずに年月だけが過ぎていくのは一番良くないです。



自分は一年間思いっきり婚活に取り組んだ。その結果をまっすぐ受け入れる。いかがですか。後悔の無い生き方ではないでしょうか。



人生一度きりのチャレンジと考え、早くも遅くもない、今だからこその判断で行動してみませんか。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す