検索
  • INFO WO

交際を続けるかどうか

結婚相談所の場合、婚活をしていていく中で、このまま交際を続けていくべきかどうか迷うということがあるかと思います。



恋愛であれば、ある程度の長いお付き合いの中に、紆余曲折があったり、トラブルを乗り越えるという場面もあるかと思いますが、結婚相談所の婚活は、期間が限られていて、トラブルが一旦起こると修復が難しいと考えられます。



相手に対する情熱や思いやり、本人の懐の深さも関係してくると思いますが、自分でお付き合いが難しいと思えば、無理に続けるよりお断りする方が賢明かと思います。



勿論、何かマイナスな出来事あったりやネガティブな発想が芽生えたとしても、ある程度相手のことを理解して信頼関係ができつつあれば、乗り越えられるかと思います。そういう点では、お付き合いの長さが関係修復能力に関係してくると思われます。



一方で、早い段階で、相手との交際を続けるか判断するタイミングもあります。二回もしくは三回のデートをして、この人とのお付き合いをしても実りが無いと思ったら、思い切って交際を断るという方法です。



このタイミングでのお断りのメリットは時間を大切に使える。デメリットは第一印象に引っ張られるということです。時間はとても大切です。長い期間交際を続けた結果、お断りというケースもあり得ます。ですから、見極めは大切です。



また、二回目三回目のデートで見切るということは、第一印象から第二印象へと移り変わる時期での判断となりますので、決着を着けるのが難しいということがあります。



あくまでお相手との相性ですが、どこかのタイミングで交際を続けられるかどうかの判断は必要でしょう。


最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す