検索
  • INFO WO

交際へと発展

お見合いの後、交際へと発展。この段階では、まだ(仮)交際と言われるように、異性を意識した友達の延長線と捉えるのが一般的です。この時点ではまだ一人に相手を絞っていないため、複数の方とのお付き合いが可能です。



しかし、複数と言ってもキリがあります。せいぜい3人ほどでしょうか。器用な方ならもう少し多くても大丈夫かも知れませんが、逆に不器用な方なら2人くらいにしておいた方が良いかも知れません。



そこから更にお見合いを組むと収拾がつかなくなるので、交際相手の状況とお見合いとは連動させて考えた方がいいでしょう。



そしてその交際ですが、一般的に女性の気持ちは徐々に温まってくると言われています。ですから男性会員さんには、その点注意して慎重にと伝えるわけですが、なかには二人の気持ちが一気に高まってしまう場合があります。



一気に恋に落ちるような段階です。この場合、結婚に対する意識と、恋愛を楽しみたいという意識のバランスが悪く、こじれるケースがあります。



せっかく相性良く惹かれ合っている訳ですから、できるだけ早くご縁が結ばれるよう、進めていく必要があります。当人同士も仲人も気を付けないと思わぬ方向へ行く可能性があります。判断が大切ですね。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す