検索
  • INFO WO

交際へと発展

お見合いの後、交際へと発展。この段階では、まだ(仮)交際と言われるように、異性を意識した友達の延長線と捉えるのが一般的です。この時点ではまだ一人に相手を絞っていないため、複数の方とのお付き合いが可能です。



しかし、複数と言ってもキリがあります。せいぜい3人ほどでしょうか。器用な方ならもう少し多くても大丈夫かも知れませんが、逆に不器用な方なら2人くらいにしておいた方が良いかも知れません。



そこから更にお見合いを組むと収拾がつかなくなるので、交際相手の状況とお見合いとは連動させて考えた方がいいでしょう。



そしてその交際ですが、一般的に女性の気持ちは徐々に温まってくると言われています。ですから男性会員さんには、その点注意して慎重にと伝えるわけですが、なかには二人の気持ちが一気に高まってしまう場合があります。



一気に恋に落ちるような段階です。この場合、結婚に対する意識と、恋愛を楽しみたいという意識のバランスが悪く、こじれるケースがあります。



せっかく相性良く惹かれ合っている訳ですから、できるだけ早くご縁が結ばれるよう、進めていく必要があります。当人同士も仲人も気を付けないと思わぬ方向へ行く可能性があります。判断が大切ですね。



最新記事

すべて表示

人間としての魅力を持っている人は、同性にも異性にも好かれます。 魅力的な人と思われる要素としては、周りに感謝する、相手の良い所を見つける、笑顔が素敵、謙虚、人によって態度を変えない、聞き上手などがあげられます。 周りに感謝ができる人は素敵な人と思われます。 「ありがとう」という言葉を積極的に使うことで、言われた人はもちろん、言った人も幸せな気持ちになることができます。 人間の魅力は、幸せを感じた時

人柄とは、その人に備わっている性質や品格の事を言います。 そして、人柄が良いという言葉には、人間性に優れていて優しいという意味が込められています。 他人の気持ちを理解したり、寄り添ったりする気持ちの温かさがあるため、相手の心を開かせ、共感し合う関係を築きます。 人柄が良い人は、素直で粘り強く、自分がどんな性格かを理解し、他人の気持ちを理解して寄り添う事ができ、信用されるといった特徴があります。 人

結婚相談所を選ぶにあたって幾つかのパターンがあると思います。 1つは、友人知人や会社の同僚などからすすめられた相談所を選ぶ。 もう1つは自分でネットなどで調べる。 また、選ぶタイミングも人それぞれでしょう。 早いタイミングで結婚相談所を積極的に選ぶ。 または、いくつかの婚活サービスを試した後、最後の手段として結婚相談所を選ぶ。 パートナーと出会いたくて、アプリを使ってみたり、友達と一緒に街コンやお