検索
  • INFO WO

交際に進むかどうか

これまでも交際に関する話題を書いてきましたが、整理してみましょう。



まず、お見合い。自分が心がけることと、相手に求めることがあると思います。自分が心がけることは、清潔感を出すこと。そして、プロフィール写真とのギャップが少ないようにすること。



女性であれば、ヘアスタイルや服装、メイクなど。男性がお見合いを申し込む時にどうしてもプロフィール写真を見て決める割合は高いので、お見合い前日にバッサリとカットようなことはお勧めしません。



男性で気をつけたいのは、清潔感。身なりがきちんと整っている必要があります。



そういった、いわゆる見た目というのは、相手に与える印象が大きいので、お見合いという一瞬の場では特に気を付けないといけません。



では、実際にお相手とお見合いをして、その結果仮交際に進むかどうかの判断をするとき。ポイントとなるのは、相手に魅かれるかどうか、もう一度ゆっくり話をしたいかどうか。



そういう、相手に求めることがあるわけですが、これに関しては基準はありません。その人の考え方・価値観です。ただ最低限ということであれば、生理的に合わない人以外は、仮交際に進むのも手ではあります。



沢山の人とお見合いをする場合は、そういう余裕もないかも知れませんが、相手の良さ、人間性を知るためには、もう一度場所を変えて会うというのも良いでしょう。



第一印象に引っ張られるのはいたしかたないですが、婚活に前向きに取り組むためにも、減点法ではなく加点法で相手を見るというのも、交際に進むかどうかの判断基準にしてはいかがですか?





最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す