検索
  • INFO WO

交際が始まると

結婚相談所での婚活は、お見合いから始まり、交際へと発展していきます。その時のポイントは「毎週会う」。週末が中心だと思いますが、時に平日に会うなど、工夫しながら会う機会を増やしていく必要があります。何故かというと、短期間で仲を深めるには、接触機会を多く持つ必要があるからです。



ですから、その時に週末に別の予定が入っていて、会えないということは決して無いように、優先順位は婚活にしておくべきでしょう。友達と遊ぶ時間も大切かも知れません。しかし、短期集中で婚活に取り組むのであれば、予定は入れないようにした方が断然いいです。



仮に、2人の人と同時に交際をするとなれば、基本週末はデートで埋まってしまうでしょう。そうでなければ毎週会うことはできません。中途半端はいけません。時間を作ると言うのも、婚活では大切な要素です。



そして、デートを重ねていき、相手との距離を縮めていくのですが、毎回食事デートでは、なかなかその先へ発展しません。3or4回目のデートあたりで、野外デートや館デート(水族館、美術館、映画館など)も入れていき、いろんな場面で相手がどんな振る舞いをするか、自分との距離感がほど良いものかどうかを推し量る必要があります。



そうやって、デートに変化をつけて、この人となら一緒にいれると感じることができれば、真剣交際へと発展していくでしょう。そういうステップを踏むというのが、結婚相談所を介した婚活の、一つの流れになります。




最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す