検索
  • INFO WO

中途半端な婚活は年月が過ぎていく

いずれ本気で婚活に取り組みたいと思っていて、日々の忙しさに流されてしまう人も多いでしょう。仕事優先で休日は極力家を出ないなんて人もいるのではないでしょうか。

パートナーと出逢ったきっかけについてのデータがありますが、一位は職場、二位は友人の紹介となっています。裏を返せば、この二つのチャンスがなければ出逢う確率は低くなるという事です。同性ばかりの職場などは難しいかも知れません。

隙間時間に取り組めるアプリや、週末に行ける街コン・お見合いパーティに行く人もいるでしょう。これらの出逢いは手軽な反面、結婚に対する本気度がそこまで高いとは言えません。

もちろんすぐに結婚に至るケースもあるでしょうが、男女両方共が結婚の意思がなければすぐには難しいでしょう。そうなると、まずは恋人関係から始めるという事になります。

恋人ができれば、プライベートは充実してくるでしょう。一方で、本気で婚活に取り組みたいという当初の希望が叶うまでは時間がかかります。そしてもしお別れになったとしたら、もう一度恋人探しから始めなければいけません。ここに、アプリ・街コン・お見合いパーティの落とし穴があるのです。

もし、自分の中で時間を区切って本気で婚活に取り組もうとするならば、結婚相談所が一番手っ取り早く進める事ができます。相談所は敷居が高いと感じる人もいるでしょう。しかしながら、現在は色んな相談所で無料相談を受け付けています。色んなタイプの仲人さんがいるでしょうから、自分に合うなと思ったところの相談所を入会候補にしておいて、少し検討してみてもいいでしょう。

婚活で、ゆっくりと恋愛関係を築きたいのか、スピード感を求めるのか。ただ漫然と結婚したいというイメージでは日頃の忙しさに流されて、どっちつかずの中途半端な婚活になってしまいます。まずは行動です。




最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す