検索
  • INFO WO

一目惚れにご注意

これは主に男性に言えることなのですが、自分がお見合いを申し込んで女性からOKをもらたり、女性からお見合いの申し込みがあった時点で、その女性が自分のことが好きだと思い込んでしまうケースがあります。確かにお見合いOKの意思を示されると嬉しくてテンションが上がるのは仕方ないですが、ここは冷静になった方がいいでしょう。



そして、男性のもう一つの特徴は、最初のお見合いだけで相手を判断してしまう傾向があるということです。お見合い相手の女性が素敵だと思った瞬間、一目惚れのような感覚に捉われ、好きになってしまうこともあるのです。一方女性の方はというと、冷静に男性を見定めているというケースが多いようです。ここにテンションのギャップがあるのですね。だから、交際が始まって最初のデートで恋人気分で手をつないだり、下の名前で呼んだり、いきなりため口で話したりするのは良くありません。お気を付けください。



一方で、女性会員さんにお伝えしているのは、相手に対し生理的に不快でなければ、交際は前向きに考えて下さいということです。女性は徐々に気持ちが盛り上がっていくことも多いので、最初にやたらめったらふるいに落とすことは望ましくありません。わずか1時間のお見合いで、相手を知るということは難しいでしょう。ですから、まずは仮交際を始めて相手との相性を探ることも必要です。ただ、自分の直感というのも大切になってきます。直感的にこの人は無理だと感じた場合、頭の中にそれが刷り込まれてしまうので、生理的に問題であろうがなかろうが、進展はむずかしいでしょう。冷静さと直観力、これがお見合いのポイントになってきます。



婚活で大切なのは清潔感と笑顔と会話力と言われています。この中で意識すれば簡単なのは清潔感です。そして笑顔が苦手な人は、練習すれば身に付きます。ネットなどで笑顔の練習方法が載っています。意図的な笑顔でいいのです。作り笑顔は相手のためにする笑顔ですから。あと、比較的簡単なのがミラーリングの笑顔です。これは相手が笑顔になるタイミングで自分も合わせて笑顔になるようにします。意識的に試してみて下さい。



会話力は、自分から一方的に話すのではなく、双方向で話すようにするのです。そのために必要なのは質問です。深堀していくような上手な質問をすれば、会話はスムーズに進みます。では、どんな質問がいいのか?それは別のブログ「コミュニケーション能力とお見合い」の中で少し触れています。また、今後別のブログでも詳しくお伝えいたします。いずれにせよ、お見合いをきちんとこなして、次の交際へとつなげる。それが第一ポイントになってきます。経験あるのみです。




最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す