検索
  • INFO WO

マッチング型の結婚相談所と仲人型の結婚相談所②

前項では主にマッチング型の結婚相談所について記載しましたが、仲人型についてはどうでしょうか。



仲人型の結婚相談所は、名前の通り担当仲人がつきます。この仲人型の結婚相談所は、相談所の連盟に加盟している個人経営の加盟店もしくは連盟の直営店であるケースがほとんどです。



一般的には加盟店の方が無数に存在するため、仲人型の結婚相談所は小規模のものが多いと考えて頂けたらと思います。



そして、仲人は少人数を担当している事が多く、サポートも手厚いと言われています。前項でも述べましたが、マッチング型の結婚相談所でも担当者が付く場合もあるので、一概には言えませんが、マッチング型と仲人型とではその担当数に大きな違いがあります。



マッチング型は100人単位の担当で、仲人型は数十人単位の担当になります。



また、大きな違いは、マッチング型と違い仲人型は成婚=プロポーズの成功となっており、最後まで相談所がフォローするという点があります。その分、成婚料というものを設定している事も大きな特徴です。



仲人型に向いている方は、予算が十分にあり、恋愛経験が少ない方になります。特に、服のアドバイスやお見合いの改善点・お店決めなどに自信の無い方には懇切丁寧にサポートすることが可能です。



マッチング型・仲人型、いずれも短期での成婚を目指し、スペック重視という点では共通しています。その特性を十分理解し、結婚相談所のタイプを選ばれると良いでしょう。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す