検索
  • INFO WO

アプリと相談所の違いって?

マッチングアプリは今すごく利用者が増えています。概ね1000万人くらいでしょうか。その中には、複数のアプリを利用されている方もおられますので、数字は変わってくるとは思います。



年齢層は若く、20代~30代が多いです。そして多くの会社は女性の月会費は無料のため登録しやすくなっています。男性の月会費の相場は4000円弱で、入会金も成婚料もいらないので非常に安価です。



一方の結婚相談所は、30代~40代が多いです。男性は50代の方も比較的多く、女性は20代から入会されている方もおられます。入会金、月会費、成婚料が必要になりますので、アプリに比べコストはかかります。



マッチングアプリの場合、婚活よりは恋人探し目的の人が多いと言われています。あとは独身証明書の提出が無いので、既婚者が入り込んでいる可能性は考えられます。



結婚相談所の最大の特徴は仲人(カウンセラー)がいることです。我々カウンセラーは、会員さんに寄り添って、じっくりと二人三脚で成婚を目指して取り組むというスタイルを取っています。



マッチングアプリと結婚相談所、どちらが良い、悪いというのはありません。その人その人に合った婚活(恋活)があると思います。ただいずれにせよ、取り組むなら早い方が有利だということです。そして、アプリにせよ相談所にせよ、あまりだらだらと長い期間取り組むのは良くないかも知れません。1年なら1年と、期限を決めて、その時その時で、その婚活を継続するか、他のものに切り替えるかを判断するのが良いかと思います。



ご自身がどんなイメージで婚活に取り組みたいのか、このブログでは不十分とお考えであれば、一度当相談所にご相談下さい。他の婚活(街コン、お見合いパーティー、結婚情報サービス)との違いなどもご案内が可能です。その際は勧誘などはいたしません。客観的な情報の提供をさせて頂きます。



婚活は、条件重視と感情重視のどちらに重きを置くかでその取り組みが異なります。この点は、ご本人のご結婚に対する考え方捉え方によって変わってきます。婚活をされる際は、改めて婚活の優先順位をご検討されることをお勧めします。









最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す