検索
  • INFO WO

マッチングアプリか結婚相談所か

マッチングアプリで婚活をするか、結婚相談所で婚活をするか迷っている方も沢山おられる

のではないでしょうか。それぞれに特徴があり、それらを押さえる事がポイントになるかと思います。



1.料金について

アプリは低額で、結婚相談所はそれに比べると高額と言えます。


2.サポートについて

アプリで出会う事はできますが、その先は自分で進めていきます。仲人型の結婚相談所(結婚相談所には仲人型とマッチング型とに分かれます)では、ご成婚(プロポーズ)まで、仲人がサポートします。


3.期間について

アプリでの出会いは、それ以降まず、恋愛としてお付き合いしていくケースが多く、結婚までに数か月から数年かかる事もあります。一方仲人型の結婚相談所は、ご成婚まで3ヶ月という目安があり、スピード感のある取り組みとなります。


4.プロフィールについて

アプリに求めるパートナー像は、基本的に恋愛からの結婚をイメージするケースが多いかと思います。結婚ということを焦点を当てると、恋愛では人柄・見た目を重視し、結婚では経済力・価値観を重視するというデータがあります(IBJ調べ)。そういう点で、結婚相談所での婚活では、プロフィール上の収入欄はインパクトが強いです。


5.安全性について

アプリの会員の中には、体目的や業者が紛れ込んでいる場合があり、騙されないよう自己防衛する必要があります。一方で結婚相談所は独身証明書や収入証明書、住民票などの書類が必要で、身元がはっきりしています。そういう点で安全性は担保されています。



以上、簡単な比較です。目的によって、アプリと結婚相談所は使い分けられるでしょうし、婚活を目的とするなら、両方同時に使うのもアリだと思います。判断に迷ったら、アプリと結婚相談所を利用した人に様子を聞いてみたり、結婚相談所の無料相談を受けるのも良いかも知れませんね。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す