top of page
検索
  • INFO WO

マイナス査定で交際中止するループ

なかなかいいお見合いしたいと思える人がいない、お見合いをしてお断りを入れる事が多い、交際をしても続かないといった場合、どこに原因があるのでしょうか。


単純に魅力のある人が少ないと感じてしまうかも知れませんが、もしかしたら相手にばかり求めてはいないでしょうか?


プロフィールが魅力的で写真写りも良く、実際に会って話が弾んで楽しい相手。理想的ではありますが、実際にはなかなか巡り会えないのではないでしょうか。


実際には、食事マナーがなっていない、デートでつまらなそうだった、食事をごちそうしてもお礼がない、会話が続かない、フィーリングが合わない。そういった理由から相手に対する気持ちが上がらず、お断りを入れてしまい交際が続かない。


自分の求める異性像に合致する相手を探す。ちょっとでも違和感があれば婚活対象として見れなくなる。


もちろん婚活にはモチベーションが大切です。自分が納得のいかない婚活を進めるのは難しいでしょう。


しかし、自分が理想を求めるのと同等に、自分も理想的な人物でいられているか考えてみて下さい。相手に求めるレベルに自分も見合っているかどうか。


理想の人物像と実際の自分にずれはありませんか?相手はあなたに対しマイナス査定をしてくるかも知れません。そういう意味では、自分を知る事はとても大切です。


客観的な数字や生活環境はプロフィールから確認できます。その数字や内容はどれくらいのインパクトを相手に与えるのでしょうか。そして実際に会った時、あなたがどんな人か、相手も観察しています。どれほど魅力的かを判断しています。


そういう意味では、相手選びはお互い様とも言えるでしょう。では、なかなか先へ進まない婚活をどうすれば良いか。まずは、自分の基準を見直す必要があります。


年齢・年収・身長・体重・家族構成、プロフィールにこだわり過ぎてはいませんか。実際にパートナー選びをする時、譲歩できる内容があるのではないでしょうか。


一緒に生活すると考えた時、どうしても許せない面があるのならば、将来を供にするのは難しいでしょう。だからと言って相手に100パーセントを求めるのは現実的ではありません。


気になる事でも、内容によっては目をつぶれる事もあるでしょう。また、どうしても改善して欲しい事があれば、どこかのタイミングで伝える事も大切です。勇気のいる事かも知れませんが、何も言わず我慢してストレスを溜めるよりはよっぽど前向きです。


その結果、どうしても無理と感じるかも知れませんし、何故そのような行動をするのか相手の気持ちが理解できて受け入れる事ができるかも知れません。当然相性は大切ですから、折り合いがつかなければそれは縁が無かったという事でしょう。


出会いのチャンスを広げ、お互いの相性を確認する事を考えれば、お見合いのお相手選びや実際に面と向かった時、マイナス査定ばかりせずにプラス査定も取り入れて幅を持たせる事も大切です。


相手を尊重し、思いやりの心を持つ事は良好なパートナーシップを築く上でとても重要な事です。その心構えを身につけるためにも、無い物ねだりや粗探しばかりをするのではなく、出会えた事に感謝し、良い所探しをしてみましょう。


実際にコミュニケーションを取る事で、相手に対する興味や共感が生まれれば、それはチャンスです。


良い面が悪い面を上回る事も十分あり得ます。なかなか婚活が進まない時は、マイナス査定に偏っていないか、前向きに取り組めているかを振り返ってみて下さい。出会いを大切にできているか。もし、プラス査定で相手と向き合う事ができれば。それは妥協ではなく前進と言えるでしょう。





Comments


bottom of page