検索
  • INFO WO

ホウレンソウ

報連相ができないという方は、仕事が上手くいかないと言われていますが、結婚相談所の婚活においても同様のことが言えます。



お見合いをした時、デートに行った時、相手の反応や自分の話した内容を、早く、詳しく仲人に伝えられれない人は、婚活も上手くいきません。



では、何故上手くいかないのでしょうか。それは、タイムリーなアドバイスを受けられないからです。結婚相談所の婚活における理想のデートの頻度は週に1回。次のデートまでの時間はわずかです。その際のお店決めや、実際に相手がどのように考えているかを認識しておかないと、交際も上手くいきません。



早め早めの報告で、自分の婚活に足りないことや軌道修正すべきことを客観的に教えてくれるのが仲人です。1週間の間に、どういう内容で連絡するなどのアドバイスもあります。これらの迅速な対応は、お付き合いの初期に特に必要ですが、交際が深まるタイミングでも報告は大切です。



何故なら、デートがマンネリ化したり、婚活として先に進めない時にどうすべきかを考えたり、いよいよ二人の仲が深まってきた時の、プロポーズのタイミングの打合せなど、その時その時で必要な相談内容は変わってきます。ですから、仲人を信じて、共に婚活を進めていくことが大切です。最も効率的に婚活を進めるためにも仲人との協力体制は不可欠です。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す