検索
  • INFO WO

プロポーズ

真剣交際が順調に進めば、段々と将来についての話が出てきます。住む場所やお互いの結婚観の擦り合わせなどを行っていきます。そして、相手の家に一度伺うということも出てきます。



これは人によるのですが、一つのパターンとしては、まずは男性のご実家に女性が顔を出す。軽い挨拶程度でいいかと思いますが、服装はきちんとして、できれば手土産などを持参します。



そして、女性の家に男性が伺う場合、できるだけきっちりとした服装で伺うのが良いでしょう。スーツなどが無難かと思います。



これらの顔見せは、一度で十分です。あとは正式なご挨拶の場に臨みます。



そして、プロポーズですが、これは両者が結婚の意思が固まったら行われます。それぞれの担当仲人が予めそれぞれの会員さんの結婚の意思を確認し、二人の意思が揃ったら、プロポーズの日を仲人同士で決めます。そして、いざプロポーズの際は男性はその意思が固まっていて、女性はプロポーズを待っている状態になります。



このプロポーズは、はっきりと自分の思いを伝える必要があります。これは一般的なプロポーズも同様ですが、結婚して下さいとわかりやすく気持ちを伝える必要があります。



こうして、プロポーズが成功して、両者のご自宅に挨拶に伺ったら、無事ご成婚となります。ここで仲人としてのサポートは終了となりますが、その後の結婚式の段取りや指輪の購入などは、専門業者との連携を行うことができアフターフォローを受けることが可能です。



そしてめでたくご結婚。末永い幸せをお祈りします。


最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す