検索
  • INFO WO

ファッションを工夫すると言ったって(男性編)

今でこそ、第一印象が大切なのでァッションは工夫しましょうと言っていますが、かつては服を選ぶのも苦手でした。



服を買いに行くのもめんどくさいし、行ったら行ったで服屋の店員さんの接客も苦手でした。ちなみに店員さんの接客は今でも苦手です。自分のペースで服を選びたいと思う性分なので。



できることなら、お金を渡すから誰かに服を選んでもらいたいと思うくらいでした。それが今では服が大好きになったわけなのですが、これにはきっかけがありました。先輩と一緒に服を買いに行った時です。



その先輩はおしゃれで服が好きだったので、一緒に買いに行こうと誘われました。そこで、先輩にまぁまぁ高めの服をすすめられました。確か1万円くらいのシャツで、かなり抵抗があったのですが、思い切って買いました。



その服は高価だったこともあり、買ってからは大切に着ようと思って、かなり愛着が湧いてきました。それからたまにそのお店に顔を出すようになり、そこで店員さんと仲良くなりました。仲良くなってからは雑談をしたり、おすすめの服を教えてもらって、自分が気に入ったものを買うという流れになりました。



店員さんと顔見知りになれば、自分がこれまで買った服を覚えてくれているはずなので、それに合うコーディネートをしてくれたりします。それでもお店で服を買うのに抵抗がある人は、服のレンタルサービスをしているところがあるので、そちらもお勧めします。



服はこだわれば切りがないですし、値段が高かったらいいとも限りません。安く手に入るお店でも、マネキンが着ている服をそのままコーディネートするのも一つの手です。ただ、ファッション雑誌を参考にするには、モデルが男前で着こなしレベルも高いことが多いので、そこは上手に選んでください。



服を選ぶのは手間ですが、気に入った服が買えればお出かけするのも楽しくなります。これを機にファッションに目覚めませんか?



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す