検索
  • INFO WO

パートナー探し

お見合いを申し込む際、自分の理想の人に近しい人からまず始めるかと思います。人によってはそこからすんなりとお見合いが組めて交際まで発展ということもあります。



一方では、なかなかお見合いが組めないというケースもあるかと思います。その場合の対応策はどうするか。



もう一度条件を見直すというのも一つの方法です。自分がこれは譲れないと決めたことが果たして本当に必要なことなのか。



40年と続く長い結婚生活の中で、それは優先されるべき事項なのか、条件を全て満たさないとしても、人間的な魅力を感じれるかどうか。



仮にお見合いを組んでも、結果的には合わないという場合ももちろんあるでしょう。自分の求めているタイプではないのですから、どこか気分が上がらないことも考えられます。



実際に会ってみてお話して、感じのいい人だなとか、清潔感があって好感が持てるなとか、何かプラスの作用が働くかも知れません。



お見合いは1時間ほどのもの。もしかしたら自分のパートナーになる可能性の人と過ごす、たった1時間を無駄な1時間と考えるか、可能性のある1時間と考えるか。



もし、お見合いで判断がつかなくても、まずは交際するという方法もあります。交際はあくまで友達以上恋人未満なので、複数の人とお付き合いすることができます。せっかくの機会、可能性に賭けてみるのも良いかも知れません。



最新記事

すべて表示

現在、兄の家に住む母のサポートを行っています。兄弟4人で協力し、曜日ごとに兄の家に行く日を決めています。僕の場合であれば毎週水曜日に母の家に行く事になっています。 母の足腰を鍛えるためにシルバーカーを押して20~30分近所を散歩しています。ちょっとした運動ですが、筋力の衰えを抑え鍛える目的で行っています。 昨日母から、近所の百貨店まで歩いて行こうと言われたのですが、現状ではおそらく無理で、もっと足

婚活においては、男女双方のテンションが同じくらいなるのが理想です。 しかし、一般的には男性のテンションは出逢いの段階から高く、一方で女性は様子見をしながら最初はテンションが低いと言われています。 ですから女性から見ると、最初は数回のデートやLINE等のやり取りを重ねていくうちに、相手の事を徐々に知って、親しみを持てる関係に進んで行きます。 一方男性から見ると、出逢いの瞬間から相手への好意を持ってい