検索
  • INFO WO

デート→プロポーズ

前回、食事デートばかり重ねるのはよろしくないとお伝えしましたが、プロポーズという節目を迎えるにあたってのポイントをお伝えします。



初回デート→できればお茶orランチ、相手の希望があれば夕食(お酒は極力控えて)

3回目以降→可能なら、屋外でのデート(ピクニックや水族館、美術館等々)

6回目前後→結婚を前提にお付き合い(男性側からの告白)

8回~10回→プロポーズ(相手相談所と担当者でタイミングのすり合わせ)



ホームセンターに行ったり、二人で住みたいと思う地域まで足を運んだり、将来の家庭像をちらつかせたり。決して「結婚」という言葉を使わず、イメージを膨らませます。



この、プロポーズに関しては、お付き合いしている二人ではわからないタイミングを、それぞれが属する結婚相談所の仲人同士が密に連絡を取り合って、日取りまで決めます。



ですから、まず外れはありません。サプライズなど変に凝らずに、ストレートにプロポーズするのがいいかと思います。



このように、段階を追って関係を深めていくためにも、相手のことを知るためにデートを工夫するようにした方が良いでしょう。



そのためにも、お互いの休日が合うことが望ましいです。せっかくお見合い後に交際が成立しても、デートができなければ発展しないでしょう。週に1回、長くても10日に1回はデートにいくことです。


最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す