検索
  • INFO WO

デート(女性編)


デートはできるだけお見合いの印象通りの装いで臨むべきとお伝えしましたが、2回目以降はどうでしょうか。



我々仲人が会員さんいお伝えしているのは、週に1回はデートしましょうということです。これまでも触れたことがありますが、単純接触効果という心理的な働きかけで、数多く会う人に対し親近感が湧くという人間の本能があります。



ですから、週に1回以上デートしましょうとお伝えしているのです。そして可能ならば週2回でもいいと言います。



ただ、ここで気を付けないといけないのは、仕事終わりはできれば避けましょうということです。



仕事終わりは、知らず知らずのうちに仕事モードに入ってしまっているからです。デートの時は完全な交際モードのスイッチをいれないといけません。



また、服装も職場モードになっているので、デートらしい装いになっていなこともあるでしょう。髪型は服装、お化粧のノリもイマイチかも知れません。



ですから、万全の態勢でデートをするなら、まずはきちんと準備ができる環境で。



また、職場にデートに出かける服装で行くと、違和感がある場合もあるでしょう。ですから、最初のうちはお休みの日に会う約束をして、気持ちも装いもデートモードにしていきましょう。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す