検索
  • INFO WO

デートを重ねていく

お見合いがスムーズに進み、お互いが交際を始めたいと希望すれば、仮交際が始まります。次のステップとしては、初デートをどこでするかという事になります。お食事をするとなれば、基本的には男性の方からお店をコーディネートします。そして実際に会うタイミングはお見合いの後、1週間から10日くらいの間には約束を取り付けます。



そして仮交際がスタートすればデートを何度かするわけですが、注意すべき点があります。それは、デートに変化をつけるという事です。



お食事のみのデートを何回も重ねても、なかなか進展しづらいです。お食事デートで相性が良いという事は確認できても、そこから先に進めなければ、お互いの良い面や気になる点が見えてきません。



そういう点では、2~3回目のデートの時に、屋外でのデートを組んだり、食事以外にもどこかに出かけるようなプランを考える必要があるのです。



そうして、違う場面で接する事で、将来一緒に生活できるかどうかのイメージが付きやすいと考えられます。漫然とデートを重ねるのではなく、計画性を持ってコミュニケーションを図る必要があります。



また、これはお互いに言えることですが、仮交際の間は複数の人とやり取りをしている場合が考えられます。そういう点では、他の人を出し抜くためにも、デートに変化をつけ、密に会う事が必要となります。



交際が始まっても気を抜けないのが結婚相談所での婚活。仲人とも密に連絡を取り、戦略的に進めていきたいものです。


最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す