検索
  • INFO WO

デートを重ねていくうちに(女性編)

初回デートが終わり、交際が続いていく中で、できれば早い段階でお互いの下の名前で呼び合うことをおすすめします。向こうから提案がなければ、貴女の方から提案することも必要です。そうすることで二人の距離感も縮まり、敬語も段々とれていくでしょう。



そしてデート内容ですが、お食事を3回も4回も繰り返しているようでは、なかなか先に進みません。屋外のデート、例えば水族館とか美術館とか、公園でピクニックとか、ショッピングとか。



そうしてお食事デートではわからなかった、お相手の行動や話、気遣いなどが見えてきます。ゆっくりと色々なお話をして、これまで聞けなかった相手の情報を収集したり、相性を見極めたり。違う環境でのコミュニケーションには大切です。



将来を共にする可能性のある相手です。かしこまらずに自然でいられる相手かどうかを感じるためにも、お店以外のデートも大切でしょう。



また、デートにでかける場所については、女性の方からも積極的に提案しても良いです。仮に結婚するとしたら、ずっとお相手の行きたいところにだけ行くのは不自然です。



ですから、自分もデートを楽しむためにも、行きたいところ、食べたい物、したいことを主張してみましょう。男性の方も、毎回毎回デートプランを立てるのは大変です。きっと女性側からの提案も喜んでもらえるでしょう。そうして、バランスの良いお付き合いができれば良いと思います。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す