検索
  • INFO WO

デートの際に

いざ交際が始まったとして、最初のデートでどこに行こうか迷うこともあるでしょう。お食事デートが良いのかランチデートか、はたまたお茶にするか。



初デートの提案は、男性からすることが多いと思います。相手の空いている日にちや時間を聞いて、お食事かお茶か、はたまたランチか夕食かお相手にお伺いを立てるというのが無難でしょう。



お食事となった場合、例えば和なのか洋なのかなどを聞いたうえで、お店の候補を幾つかあげて、相手に選んでもらう。そうすることで相手の満足感が満たされ、男性に対し信頼感も築くことができます。



デートを実際にする際に、できれば座る位置は対面よりカウンターなど横並びの方が良いとされています。



これは、対面式だと、お互い緊張してしまったり、食事の様子を見られるプレッシャーがあるということが言われています。



しかしながら、対面でも気にならなければ問題はありません。一度自分で経験してみて、自分はどのような配置が良いのか確認してみるのも良いでしょう。



実際に会話などをする際は、ある程度の情報が入っていればそれにちなんだ質問をします。その際、一問一答にならないように、深堀りの質問をして、相手に話しやすいよう、そして相手の情報が入ってくるようにした方が良いでしょう。



お酒に関しては、男性の飲む量にもよりますが、女性もお酒をたしなむ方が男性はテンションが上がります。しかしこれはご自身の飲みたい量に調節して良いでしょう。



そしてお会計ですが、初デートであれば男性が支払うのがスマートでしょう。その際、女性は当然と言った態度を取らず、お財布は一度カバンから出す素振りをして、感謝の言葉を忘れないようにしましょう。おごってもらって当たり前といった態度だけは取らないように。


そして早期に結婚を目指すのであれば、できれば1週間に1回は会うようにする。ゆっくりお付き合いするのであれば、そこまで詰め込む必要はないでしょう。恋愛を楽しむのか、結婚を前提としたお付き合いを望むのか、お二人の交際の意味合いによります。


最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す