検索
  • INFO WO

デートのタイミング

結婚相談所を通じて行う婚活で交際に至った場合、1週間に1回はデートをすることを心がけて頂きたいとお伝えしています。



例えば、お互いが土日が休みであれば、週末にデートの時間を取れるとは思いますが、シフト制のお仕事などは、お互いが時間を作り出さなければいけません。



どちらか一方が仕事で、どちらか一方が融通がきく日にちがあれば、短時間でもいいのでお茶をする、簡単な食事を取る。時間を合わす苦労は伴うと思いますが、二人の休みまで待っていたら、らちがあきません。



そうして、普段から会う工夫をして、ゆっくりと時間の持てる時はデートを満喫するようにすれば、週1回会うことも可能ではないでしょうか。



これは、お互いが協力しなければ成立しません。相手の事もきちんと考え、思いやりを持って接することで、信頼関係も生まれてきます。それはきっと、良い効果をもたらすでしょう。



仮交際は複数の交際が可能です。お付き合いしている人が、他にも何人か同時に交際している可能性もあります。素敵なお相手なら皆が放っておかないでしょう。



そこで差をつけるためにも、積極的に行動する。きちんと頻繁に会えるよう調整する。簡単ではないかも知れませんが、その真摯な気持ちが相手に伝われば、良い関係も築けるのではないでしょうか。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す