検索
  • INFO WO

デートで押さえておきたい事(主に男性)

主に男性に言える事ですが、デートにおいて気を付けたい事を書き記していきます。



まず、これはお見合いでも言える事ですが、清潔感のある身なりが必要です。お見合いの時にスーツやジャケット・パンツをきちっと着こなしても、次に会った時に服装の意識が低いとマイナスな印象を与えてしまいます。



オシャレにこだわる必要はなく、無難な服装で問題ありません。柄のあるシャツなど着こなしの難しい服は避けて、単色の服の組み合わせでいいでしょう。着こなしが難しければ仲人に相談したり、服屋さんでマネキンの組み合わせをそのまま真似てみるなんてのもアリです。



お見合いでも言えますが、一方的に話したり、尋問のような質問攻めはよくありません。また、お見合いで話した内容やプロフィールの内容は覚えた上で会話する必要があります。お見合いでの会話内容を覚えるのが難しければ、お見合いの後に何を話したかノートなどに記しておくと良いでしょう。



お店選びは男性主体で行うのが無難です。お店の予約なしでデートをするのは良くありません。お店探しに歩き回ったり、計画性が無いと思われてはマイナスです。



お店選びは、チェーンの居酒屋やファミレスなどは、最初のうちは避けた方が良いでしょう。2つ3つお店の提案し、どれにするかは相手に選んでもらいましょう。



座る席も考えましょう。対面で座るのは食事する場面を見られるのを苦手と感じる人や、変な間が生まれる可能性があります。カウンターなど、お互いがスタッフや料理の作るところを見る事で、それを見た感想を言い合えることで沈黙になりにくいでしょう。



食事代は男性が全部払うと言うのが、最初のデートではポイントです。費用がかさむ事を嫌う方もおられるかと思いますが、そこで数千円ケチる事で、次回のデートに進むかどうかの分かれ道になるかもしれません。



一方で女性は、できれば少しでも出すという心得構えが、相手に対して好印象を与えます。財布を出す素振りや、おごってもらった事に対する感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。



次回デートは、初回デートのうちに取り付けることができれば良しです。デート中に、相手の好きなもの・興味のある事を聞き出して、今度行ってみませんかと提案するというやり方が良いかと思います。



以上、細々と書きましたが、実践する事自体は事前準備で対応できることも多く、デートの段取りや振る舞いについて、試してみて頂きたいと思います。良いデートを演出してみて下さい。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す