検索
  • INFO WO

テンションの違い-LINEの頻度-

交際が決まり、男性側がウキウキ気分でいる一方で、女性側はそこまで気持ちが高ぶっていないというのはよくあります。



こちらから送ったLINEがなかなか既読がつかなかったり、やっと既読が付いたと思ったら、返信がなかったり。



未読スルーについても謎は深まるばかり。女性曰く、大した理由はないといいます。ただ単に見ていなかったとか、急ぎじゃないから返信しなかったなど。



これは性格にもよるのですが、男と女のLINEに対する位置づけが違うのでしょう。男は連絡の手段、つまり報告のツール。仮に仕事であれば即レスが当たり前。そういう習慣がついています。一方女性はあくまでコミュニケーションツール。しかも優先順位は高くない。



結果、男性はLINEに振り回されます(もちろん女性の場合もあるでしょうが)。これに対応するには、大らかな心でこちらもすぐに返信しないことが良いかと思われます。2時間後に返信が来たら自分も2時間後に返信する。必要な相手のリズムに合わせましょう。



だからといって、即レスが駄目だという訳ではありません。相手もこの人は即レスする人だと認識するだけです。ただやはり、相手の返信が遅いとペースが掴みにくく、ヤキモキしてしまうでしょう。



いずれにせよあまりLINEに振り回されないことです。


最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す