検索
  • INFO WO

チャンスを逃す

お見合いは、お相手のプロフィールを見て、会ってみたいと思える人にお申込みをします。そこで成立すればお見合いに進み、お互いがまたお会いしたいとなれば交際へと発展していきます。そしてデートを重ねていくわけですが、いつも交際が続かず1,2回のデートで終わってしまう人がいます。



そこには何が起こっているのでしょうか。



プロフィールで有望な方にお申し込みをして、お相手に対し沢山の事を期待している人がいます。例えば女性の場合男性に対して、リードしてくれて包容力があり、服装がきちんとしていて、面白い話題を提供し、しっかりお金を稼いでくれる人がいいと思ったり。



理想の男性像を求めているのだと思いますが、実際にそのような人がどれほどいるでしょうか。求めてばかりではなく、自分も相手に与えなければ、選ばれる自分にはなれません。



人には、良い点があれば悪い点もあります。完璧を求めても無理です。足らない部分や過ぎた部分を誰しもが持っているでしょう。そういった点を許容する事も大切なのです。



一緒に家庭を築くパートナーとなり得る人です。どちらかが窮屈な思いをしては、不満が溜まってしまいます。



包容力は大切です。交際へと発展して、すぐに答えを出すのは早すぎるかも知れません。結婚生活はお互いが尊重し合う事が大切です。求めてばかりではなく与える心が必要でしょう。





最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す