検索
  • INFO WO

コミュニケーション能力とお見合い

例えば、コミュニケーション能力が非常に高いがあまりかっこよくない男性と、無口のイケメン、どちらがお見合いの後に交際まで発展しやすいでしょうか。勿論個人差はありますし、極端な例なので現実的ではない例えですが、おそらくの正解は、コミュニケーション能力の高い男性です。



婚活と恋活は違います。恋愛をしていく際は、結婚はまだ先という認識でしょうが、婚活(お見合い)は、相手との相性を見定める場です。その人と将来に渡ってずっと生活をしていく際、ストレスが少なく明るい結婚生活を送ろうと思うと、コミュニケーションは非常に大切です。見た目だけで長きに渡り生活を共にするというのもなかなかに難しいかと思われます。



もちろん顔の好みなどがあるでしょう。しかし逆に考えれば見た目重視ではなく、抵抗なく受け入れられる人も中にはいるでしょう。その場合、お見合いが組めれば、コミュニケーション能力が高い訳ですから、ほぼ交際につながるでしょう。



外見を変えることはできませんが、コミュニケーション能力は鍛えられる可能性があります。もちろん簡単ではありません。本人の強い意識と繰り返しの実践、反省の繰り返しです。そのためにはまず外に出て、コミュニケーションを取る。ただ取るのではなく、まず何をするか・心がけることは何かを事前にノートに書きだします。



そのノートに書いたことを実践して、できたかできなかったを振り返ります。まずは簡単なことから始め、徐々に難易度の高いことを実行します。例えば簡単なことは、質問をする、自己紹介をする、等。難しいことは、相手の気を引くエピソードトークをする等。これらを意識して人と接します。実行できたときには達成感も得られます。そうして徐々にコミュニケーション能力を高めていくことができます。意識するかしないかで、将来は大きく変わってくるでしょう。


最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す