検索
  • INFO WO

オンライン婚活

これから寒さがきつくなり、さらにコロナ感染者が増え、いずれは外出自粛が再び求められる可能性が高くなってきました。そういった中、第一波で経験した外出自粛の際に新たにコミュニケーションを取る方法として、オンラインが脚光を浴びました。



婚活業界でも、オンラインが積極的に取り入れられ、オンラインお見合い、オンライン交際など、新たな手法でのコンタクトが取られるようになりました。



実際にオンラインお見合いから交際を始められ、オンラインで交際を続け、時には公園デートなど屋外で人気が少ない所や、ドライブデートなど、工夫をしてコミュニケーションを図り、コロナが収まった頃にリアルに会う時間を増やしてくというカップルも多くおられました。



全国で見ても、コロナが収まった頃に、真剣交際に入る人達が最多記録を更新しました。勿論外出自粛はストレスであり、婚活も制限されますが、結ばれたいという欲求も強くなるのです。ですから、その時その時にできることを工夫して、対応していくというのが、withコロナの時代に求めれることであり、まさに適応力が試されています。



悲観的になってしまうこともあるでしょうが、今何ができるのかを考え、行動することも大切でしょう。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す