検索
  • INFO WO

オンライン婚活

以前のブログにも書いたように、今の環境の中、オンライン婚活なるものが定着しつつあります。zoomなどを使ったビデオ通話での婚活です。



今はお見合いパーティとオンライン婚活の二つが、婚活募集サイトなどでの主流になっています。オンライン婚活は幾つかのメリットデメリットがあります。



メリットはまず、移動の時間・交通費が省けること。それから自分の家なのでリラックスして参加できること。費用はお見合いパーティとほぼ同じ。



デメリットは、ビデオ通話に慣れていないと、会話の間が難しいこと。また、PCがないとスマホでの対応になり、PCに比べ不便さがあること。光の当たり具合や背景など、気にしないといけないことがあること。



デメリットをクリアすれば、かなり取り組みやすい婚活です。ただし、全国版とかはあまり有効ではないでしょう。せめて近隣の県をまたいだ企画が良いと思われます。



ただ、他府県の方と話すより、同じ地域の人と話す方が話題も盛り上がりやすいので、できれば地域限定のものに参加することをお勧めします。



と、いうのも、例えば8分程度の短い会話であれば、共通点を見つける方が話が早いと考えられるからです。もちろんお見合いやデートのように、1時間から2時間のコミュニケーションを取るなら、相違点を見つけることも大切です。



短時間で意気投合するための話題探しも、経験を積めば段々とモノにできるでしょう。是非、オンライン婚活を試してみて下さい。


最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す