検索
  • INFO WO

アプリのいいね返信率

あるマッチングアプリに関するデータによると、「いいね」はほとんどの場合男性から送られてきて、それに対して5~15%のマッチング率(主に女性からのいいね返し)となっている。単純に考えれば、10人~20人にいいねを送って1人マッチする計算になります。



実際身の回りで、マッチングアプリで付き合った人がいるとか、中には結婚した人がいるという話を耳にする事もあると思いますが、実際の確率は上記のようになっています。



では、何故、そのような事をよく耳にするかというと、マッチングアプリの普及率が断然大きいからと考えられます。現在多数のアプリが存在し、幾つかかけもちをする人もいると想定されますが、その利用者はざっと2500万人。



ブライダル総研のデータによると、実際に結婚した方の33.1%は、婚活サービス(ネット系婚活サービス、結婚相談所、婚活パーティ・イベント)を利用しており、婚活サービスは広く普及してきている事がわかります。



成婚者のうち、アプリを含めた婚活サイトでの成婚した人の割合は44.7%。一方で結婚相談所の利用者の割合は44.1%。



結婚相談所で結婚をした人の中にアプリを利用した経験のある人や、逆に相談所を利用してアプリで結婚した人も含まれており、その数値は全てをあらわしてはいませんが、傾向としてこの二つの婚活が結婚に向けた有効な手段である事がわかります。



一方でそれぞれの男女比を見ると、マッチングアプリでは男性が多く、結婚相談所では女性が多いと言われています。



マッチングアプリの会費は男性の方が女性より高いケースが多く、一方結婚相談所は男女同等に設定されている所が多いです。



これらを考慮し、自分にとってどの婚活が有利に進められるか検討するのも一つの方法かと思います。



成婚者の33.1%が婚活サービスを利用しており、年々のその割合が増えている事からも、結婚に向けて上手に婚活サービスを活用する事が時代の流れになってきています。

最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す