検索
  • INFO WO

アプリと結婚相談所の併用

あまり推奨していませんが、結婚相談所で婚活をしながらマッチングアプリを同時進行で行っておられる方がおられます。



マッチングアプリには、大きく分けて恋人探し目的と結婚相手探し目的の2つがあります。女性無料のアプリは大体恋活目的です。しかし、中には無料アプリで結婚まで至るケースもありますので、一概に恋活・婚活と分けることはできません。



しかしながら、一般的に婚活目的アプリは、女性の方も有料のケースがあり、本気度が違ってきます。そういう点で結婚目的であれば、女性であれば有料アプリを活用するという方法もあります。



ただ、結婚相談所の月会費と、マッチングアプリの月会費の両方を払うとなると、それなりの負担になります。なので、婚活アプリの併用は経済的に余裕がある場合には有効かと思います。



また、女性無料のアプリの場合、結婚を意識しながら、恋愛に発展し、恋人関係になってしまうと、結婚相談所での婚活は困難になってきます。そうなると、入会金やそれまでに払っていた月会費は返ってこず、単なる出費となります。



それでも、パートナーが見つかることが良いことだとご判断されるなら問題ないかと思います。結婚もしたいけど、彼氏彼女が欲しいというのは、良く理解できます。ですから、自分の中で、結婚が前提なのか、恋人ができてゆっくりお付き合いをするのもありか、はっきり決めておくことをおススメします。そうして、自分の取った選択肢に対し、後悔しないということが最も大切になってきます。


最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す