検索
  • INFO WO

アプリと相談所とどちらに向いているか

マッチングアプリと結婚相談所、どちらが良いということはなく、それぞれに向いているタイプというものがあります。



アプリ向きな人としては、①恋愛を経験したい②恋愛経験があり異性を獲得する能力がある③時間に余裕がある(1~2年)➃なるべく多くの人に会いたい、などがあげられます。



①は、結婚を急いでいない。また、恋愛結婚という結婚観を持っている人などが適していると考えられます。



②については、アプリ自体は出逢いの場作りのみのサービスで、その後の展開は個々人のやり方によるので、恋愛経験豊富な人が有利に進められると考えられます。



③は、時間に余裕があり、結婚に対し焦りが無い人ということが考えられます。



➃については、個人差があるのですが、女性の場合は登録者数が男性に比べ少ないので、沢山の人と会える可能性があります。



一方で相談所向きの人は①早く結婚したい人(半年~1年目安)②スペック重視(年齢、年収、資格など)③予算が十分にある➃恋愛経験が少ない、などがあげられます。



①については、結婚相談所はスピード重視です。時間を大切にしたい方に向いています。実際に成婚まで至る期間は3ヶ月が目安になります。



②については、結婚相談所ではそれぞれの項目がどのようなものかも見られ、判断基準となります。



③結婚相談所の費用は、他の婚活に比べてコストがかかります。



➃は、仲人型の結婚相談所であれば、お見合いや交際についてサポートを致しますので、お付き合いが不慣れな方も仲人のアドバイスをもらいながら取り組む事が可能です。



アプリと相談所には以上のような違いがあります。単純に婚活といえど選択肢が幾つかありますから、まず何を取り組むかしっかりと検討される事をおススメします。


最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す