検索
  • INFO WO

アウトプット

本を読むことは良いことと言われている。感動したり心を揺さぶられたり、学びを得たり。特に小説などはそういったことを経験する。

では、他の本はどうなのか。例えば自己啓発本。これは、理論的に物事について書かれているわけだが、読んで納得して終わることが意外に多い。

為になるとわかって、内容に対して満足するのだけど、そこで得られた教訓を実行しないことも多いのではないだろうか。

年間〇〇冊本を読んでいるという人の中には、読みっぱなしという人もいるのではないか。

僕も然りで、一時期はハイペースで本を読んでいたのだが、その内容を理解しただけで、あまり実行していないことに気づいた。

そこからは一旦本を読むを止めて、アウトプットを行うことに主眼を置いた。

方法としては、まず本の内容をword2枚くらいにまとめて、重要なポイントをサマリーにする。次にまとめた中から、為になることをマーカーで色付けして、それを朗読しボイスレコーダーに録音する。

今、この作業の途中で、録音がすべで終わったら、今度はリスニングをする。それぞれの本の録音した長さは2分前後なので、一日に多くの本の内容をリスニングすることが可能になる。

そしてそれを意識して行動に移したり、心構えを自分に浸透させる。そうして初めて本の伝えたいことを吸収できるのではないだろうか。

覚えがいい人はこんな遠回しな方法は必要ないのだが、覚えが悪くて不器用な自分に合わせたこの方法で、読書の価値を高めたい。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す