検索
  • INFO WO

やはり見た目が与える影響は大きい

ここで書く見た目というのは、その人の顔のつくりや体格などではなく、あくまで第一印象で相手に与えるインパクトについてです。



そのインパクトとは、女性であればヘアスタイルであったり化粧であったり、ファッションであったり。せっかくお見合い写真が良い仕上がりになったとしても、ヘアスタイルも化粧の雰囲気もかけ離れていたら、残念がる男性陣も多いのではないでしょうか。



服装にしても、写真撮影とは異なる色彩で、暗めの服装だと、相手に与える印象も陰気な感じがするでしょう、



一方で男性も、だらしないスーツ姿や、清潔感のないヘアスタイルや服装、靴など、こちらもお見合い写真と異なった印象を与えてしまうと、女性陣に幻滅されるでしょう。



プロフィールを見てお見合い申し込みをする訳ですから、お見合い写真は非常に大事な要素になります。そして、写真とお見合いで会った実物とのギャップが少ないほど、相手は安心します。



ですから女性は、素敵に撮った写真の自分のイメージを崩さないよう、撮影当日の服装の色合いや、ヘアスタイルをきちんと仕上げる。化粧や口紅の色にも注意を払って。



一方男性は、髪型をきちんと整えて、スーツもビシッと着こなし、磨かれた靴を履いて、清潔感を出す。



全てはお見合い写真から始まっていると言っていいでしょう。初めて会った2分間で、その人の印象というのは固まってしまうと言われています。



見た目至上主義の世の中に立ち向かっていきましょう。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す