検索
  • INFO WO

どれが婚活?

婚活といっても色々ある訳ですが、すぐにでも結婚したいのか、まずは恋愛をしたいのかでどれにいくかが変わってきます。



合コン・街コンは出会いの場です。将来の結婚相手探しもしくは恋人探しというのが目的でしょう。お見合いパーティーは、名前にお見合いとついていますが、これも出会いの場です。



それらの手段で結婚相手を見つけ出すのは至難の業です。



では、アプリはどうかと言うと、アプリも出会いの場があるだけです。付き合うのも結婚を目指すのも当人同士。なかにはアプリで結婚した人が身近にいるという人もいますが、アプリ自体1500万人の累計利用者がいます。そのうちのわずか数パーセントが結婚したということでしょう。



では、結婚相手を見つける最善の手段は何かと言いますと、結婚相談所ということになります。何故なら、結婚という目的意識を持つ者同士が、仲人の協力を得て、ステップを踏んで結婚を目指すからです。



街コン・お見合いパーティ・アプリで時間を浪費するくらいなら、早く思考を切り替えて結婚相談所がどんなものかをチェックしてみてはいかがでしょうか。どの相談所も無料面談ということで、話を聞いてくれるし、色々説明もしてくれます。



無料ですし、一般的に強引な勧誘はまずされないので、入るかどうかは置いといて話だけでもきいてみるというのも賢いやり方かもしれません。



勿論、お見合いパーティ等を否定するわけではありません。目標をどこに設定するかということです。逆に結婚相談所に行って彼氏・彼女を探すとなったらトラブルの元ですし、登録した意味がありません。



まずは恋人を探すという考えならば、最初にあげたいくつかの方法を試すのも良いでしょう。手段と目的を明確にし、時間を大切に考えるという意識があれば、何の問題もないでしょう。




最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す