検索
  • INFO WO

ご成婚のタイミング

結婚相談所を通じて行う婚活では、お一人の方とお付き合いするのは大体3ヶ月程度になります。最大で6ヶ月のお付き合いで、ご結婚されるかどうかの分かれ目になります。それまでに当然ながら交際が途切れることもあります。



仮交際の間は、複数の方と交際することが可能です。ただ、複数と言っても限界があります。付き合い上手の器用な方なら別ですが、通常であれば2~3人程度になると思います。それ以上は、誰と何を話したかこんがらがってしまうこともあるでしょう。



また、複数人と交際している間もお見合いは可能なのですが、上記のような理由から、お見合いをする時期とお付き合いする時期に分けたりします。



そして、IBJであれば、ご結婚される方々の平均活動期間は半年程度となっています。数回お見合いをして、本命の方と巡り合い、3ヶ月程度のお付き合いでご成婚まで至るという流れでしょう。



しかし、これは平均値ですので、もちろん個人差があります。1年以上活動しても結果が出ない人もおられます。個人差はありますが、1年活動をされて休会(活動休止)を検討する方もおられます。



しかし、1年過ぎてからお会いした相手と、あれよあれよと順調に進んで、2カ月のお付き合いでご成婚されたケースがあります。お相手はとても人気のある方で、巡り合えたのは本当に運命的だったとのことです。



結果はいつ出るのかは予想できませんが、いつ良き出逢いがあるか、それを生かすために粘り強い活動が必要になってくるでしょう。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す